ふたご座満月メッセージ☆

本日、2021年12月19日(日)、
13:35頃、ふたご座満月を迎えます。
 
地球から最も遠い位置での満月。
その影響は・・
 
「自分を遠くからまるごと抱きしめ俯瞰してみる」
 
まるで遠くの宇宙を見るが如く
視えないものを観る。
 
 
*    *    *
 
【しがらみを手放していく】
 
 
満月は新月の頃に、起きた出来事や、出逢ったこと、感じたことが、
成熟したことを意味することもあります。
 
前の新月の辺りに、出かけたところや、出来事、出逢った人、
そこからの2週間を省みるのも良いでしょう。
 
何気なく過ぎてしまうと、何も無かったことにもなりかねません。
小さな積み重ねが、やはり、自分を大きく変えていくのだと想います。
 
 
そして、またこのふたご座満月では、心の中で、大きなチェンジが起こるのではないでしょうか。
 
「まさか」と想っているようなこと。
 
そう、それは・・まさに、「価値観」
 
それはまだ水面下で芽生えたのかもしれませんが、それはまた、ずっと前から始まっていたのかもしれません。
 
自分の中の「美」への意識、自分の中の「豊かさ」という意識が大きくチェンジしていきそうです。
 
 
 
今まで、メッキで固めていた、
 
偽りが剥がれていくということでもあるでしょう。
 
 
 
親から刷り込まれた美しさ。
 
先生から植え付けられた道徳的美徳。
 
学校で洗脳された、集団であるべき足並み。
 
 
 
どんどんと崩れて、崩壊していく。
 
 
 
残っていくのは、自分の中の「自由」
 
自由であるという「美」はまた軽やかに自分をさせていく。
 
 
 
美というものも本来自由であり、自由に表現し、自分らしさを表現するものであろう。
 
それが、女の子だから、男の子だからと、制限され続け、
 
ちゃんとしなければと何処か規制をかけ続けられ、
 
 
 
大人の都合の良いように、また、上の都合の良いように、わたしたちは教育されてきたのです。
 
 
 
その都合というメッキを剥がしていくと、そこには、更なる「本質」の素材の美しさが輝いてきます。
 
 
続きは↓こちらから綴っています♪