神聖幾何学模様フラワーオブライフとエネルギーアートのコラボ・・チャネリング曼荼羅カードの特性№2

ご訪問ありがとうございます。

愛知の幸せチャネラーりえです。

サロンの断捨離が終わって、すっきりしましたー♪

見た目ほとんど変わっていないのですが、見えない部分をガッツリやったので、波動がガラっと変わりました!



すっきりとした隙間には新しい風が入ってきますね!

あとは、わたしの好きなことをコツコツとやっていくだけ。

そ、地道な作業をしていきます。

*   *   *

本日は「チャネリング曼荼羅カード」の特性と特徴の第2段を綴ります。

チャネリング曼荼羅カードの絵柄がある表面ですね。

絵柄は、「フラワーオブライフの神聖幾何学模様」と「エネルギーアート」で描かれています。

●フラワーオブライフは、見ているだけで癒さる神聖幾何学模様。

19個の同じ大きさの円と外側の二重円で囲まれているもので、『生命の花』とも呼ばれています。

生命サイクルそのものを表していて、森羅万象この世で起こる全ての事柄や、輪廻転生をも現わしていると言われています。

また全てを現わすので、魂の記憶や本能、自然の叡智へのアクセスも可能とされています。

真中の円は自分自身であり、本質をも現わします。

また、「曼荼羅」とは「円」のことであり、真中の円は自分であり、本質なのです。

●エネルギーアート

生命そのものを表している神聖幾何学模様のフラワーオブライフに描かれているエネルギーアートはそのカードの持つエネルギーの特性を表現しています。

色、形、揺らぎ、波動、そのすべてがチャネリングメッセージで受け取ったものを表現しています。

カード左上にある、

「時間軸」×「数字軸」メッセージ。

過去、現在、未来、それぞれ「1~9」の9枚ずつ、計27枚のカードとなっています。

その一枚一枚に、それぞれに相応しい、エネルギーアートがフラワーオブライフを中心に描かれています。

そして、マトリックスになっているのですね。

過去、1~9

現在、1~9

未来、1~9

まさに、問題解決の流れであり、人生の流れであり。

全てがエネルギーの流れとなっています。

「曼荼羅」であり、「フラワーオブライフ」ですね。

 

続きは↓こちらから綴っています。
https://ameblo.jp/prema-shanti-rie/entry-12741309718.html